保温力&保冷力どちらも凄い!山専用ボトルを持って登山へ行こう!

皆さん山で暖かい飲み物を飲みたくなったらどうしますか?

 

以前、山で温かい飲み物やカップラーメンを作るのにシングルバーナーが便利だとお話ししました。

www.yuruyamanobori.com

確かにシングルバーナーがあれば温かい飲み物を作ることができるのですが、休憩の度にお湯を沸かすのも大変。

そんな時に活躍するのが水筒(保温ボトル)です。

今回は山で使うために作られた、山専用ボトル

サーモス 山専ボトル

について紹介します。

f:id:isoyo:20191014083442j:plain

f:id:isoyo:20191014183034j:plain

 山専ボトルの魅力

凄すぎる保温力

メーカーによると「6時間80度以上」キープできると言うので実験してみました!

雪が降り積もる2月の伊吹山登山。

AM6:00  家を出る前に95.3度のお湯を入れました。

f:id:isoyo:20191014175714j:plain

PM12:00 お昼休憩 家でお湯を入れてから6時間。

何度になっているのでしょうか?

 

81.6度!! 

f:id:isoyo:20191014180226j:plain

すごい!!寒い冬山でもしっかり温度をキープしてくれています。

カップラーメンも少し固めだけど作れました!

f:id:isoyo:20191014180618j:plain

芯まで冷え切った身体が生き返る!!

山専ボトルの保温力は本物でした。

保温効果だけでなく保冷効果もバッチリです。

 使いやすい素材・形状

まずこのコップ。普通の水筒のコップに比べて凸凹しています。

不安定な場所でも倒れてこぼれないように下部分が広く膨らんだ形状になっています。2種類の異なる素材を使用することでグリップ性を高めています。ザックからも取り出しやすい!

f:id:isoyo:20191014183913j:plain

側面についている黄色いシリコンカバー。冬に手袋をしたまま使用しても滑りません。ツルツル滑って蓋が開けにくい!ってこともないので助かります。

f:id:isoyo:20191014184147j:plain

とっても丈夫

学生時代など、水筒がボコボコになった記憶ありませんか?

色んなところに当てたり、落としたり…私はいつもボコボコにしてしまってました。

山専ボトルは衝撃に強い!シリコン製のカバーが底やボディーリングについているのでダメージから守ってくれます。

f:id:isoyo:20191014224610j:plain

洗いやすい2重栓

注ぎ口は2重栓になっています。洗いやすいので衛生的。甘い紅茶などを入れてもベタつくことなく綺麗に洗えます。

また、2重栓にすることで気圧のの変化でキャップが開けにくくなることもありません。

f:id:isoyo:20191014225451j:plain

f:id:isoyo:20191014230055j:plain

パーツが交換できる

水筒の中では、なかなかいいお値段。一部悪くなっただけで買い替えるのももったいないですよね。山専ボトルはパーツの販売もしています。パッキンや中栓、コップ、底カバーなどもパーツを交換して長く使用することができます。

選べる色と大きさ

500㎖と900㎖の2種類。1人の日帰り登山だ500㎖がオススメ。仲間で行く場合やカップラーメンにコーヒーにと色々使用したい時は900㎖の方が良いと思います。

⬇︎セールで安くなっています。

そして今年の秋、山専ボトルが6年ぶりにリニューアルする!!

新しい750㎖が登場していました。

新しいカラーも!!

女性にも使いやすいベージュ!可愛いすぎるー! 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ラリーグラスさん(@raliguras)がシェアした投稿 -

まとめ 

1つ持っていると本当に便利な山専ボトル。

山専ボトルなしの冬登山が考えられない程必須アイテムになっています。

下山時まで温かいので山頂でも登山後も「ホッ」とする時間を与えてくれます。

まで持ってない方、是非購入してほしいオススメの山グッズです。

 

1234567891011